碧宮レイラのスピシェアリング

「当たるのその先」シンクロタロット鑑定師碧宮レイラのブログです。本棚にあるお気に入りの本を、ふと手に取るような感覚でどうぞ。

きっかけは何であれ。

きっかけは何であれ、

見えた課題は課題として、

真摯に取り組む。

半歩でもいい。

 

特に今見せられている課題は、

取り組むか、

放置するかで、

今年冬頃からの波乗りに、

大きな影響がありそうだと感じてます。

 

8月になり、

滞っていたコミュニケーションが、

滑らかになってきていますから、

半歩が一歩に、

一歩が十歩になるかもしれません。

 

いきなり十歩じゃなくても。

半歩からでも進めてみたい時期です。

 


f:id:aomiyalayla:20190811085949j:image

 

夢の中で。

88の日の夜。

 

クラウンチャクラを、

ローズマリーでマッサージして、

ゆったりと粗塩入りのお風呂に浸かり。

お気に入りの音楽をかけ。

あっという間に落ちた、

いつもより深い眠りの中で。

 

少し歳を重ねたあの人に再会しました。

とても驚いたような表情でした。

 

これまで夢に出てくるときは、

最後に会ったときの容貌でしたが、

パラレルワールドなのか、

少し先の世界か、

見たことがない、

記憶にはない姿でした。

ゲートをくぐり抜けて、

見てきたように感じます。

 

ほんの数秒間の邂逅。

真夏の夜の夢

あの人のいまが、

豊かさでつつまれますように。

心からそう願います。


f:id:aomiyalayla:20190809121134j:image

 

ハワイ島マウナケアのこと。

ワイ島。通称ビッグアイランド。

深く蒼い海。生きている火山。

そして美しい星空で知られています。

マウナケア山頂からサンセットを眺めた後、

黄昏を経て漆黒の夜、

人工衛星すら見える満天の星空に、

くらくらと身体が融けていくような感じがしたこと、

10年以上前ですが、

はっきりと覚えています。

 

マウナケアは、

ハワイに住む方々にとって、

聖なる山。

(koyukiさんの以前のブログにマウナケアからのメッセージがあります↓)

https://ameblo.jp/koyuki-soul/entry-12187417769.html

 

すでに日本の「すばる」をはじめ、

複数の天体観測施設があるのですが、

更にTMTという巨大望遠鏡を備えた施設を、

日本もプロジェクトに参加して造ろうとしている。

その計画に対して、ハワイに住む方々が、

長老たちを中心に、

整然と立ち向かっている。

そんなニュースを最近目にします。

https://www.huffingtonpost.jp/entry/native-hawaiian-demonstraton_jp_5d394f05e4b0419fd337e62f

 

なぜTMTが必要で、

なぜマウナケアなのか、

その理由とともに、

いかに環境や現地文化に寄り添うか、

科学者らは述べています。

自然科学研究機構 国立天文台 TMT推進室のホームページ

https://tmt.nao.ac.jp/know/mauna_kea.html

 

でも。

マウナケアは、

ハワイの方々にとって、

代えのきかない聖地なんですよね。

王族のお墓があったり。

日本人にとっての富士山、

いやそれ以上の存在かもしれません。

彼らにとっては、

科学と折り合う必要性も、

許容性も、

もう残っていないのでしょう。

すでに13基の施設の存在を許してきたのですから。

 

現地での抗議活動は、

暴力的で敵対的で非平和的な行動とは程遠く、

長老たちを中心に、

整然とオーガナイズされ、

祈りに満ちたものだった様子が、

SNS上の実況動画で映し出されていました。

(シェアできる動画が見つからなくて。。)

その様子を見て、

以前紹介したこちらの記事をもう一度、

このタイミングでシェアさせていただこうと思いました。 

aomiyalayla.hatenablog.com

 

ホオポノポノの精神を持つ方々が、

どんな想いで、

どんな決意で、

どんな風に闘っておられるのか。

想いをはせることができます。

ホオポノポノは、

異次元を漂うふわふわスピリチュアルではなく、

リアルに根付いた豊かなスピリットだと思います。

 

もちろん、科学者側にも、

宇宙の深部を知りたい、

つきつめたい、という、

ある意味純粋な願いがあるのでしょう。

その願いを否定するつもりはありません。

 

ただ、星空を眺めるとき、

つくづく思うのです。

みえないものはあるんだよ。と。

宇宙は愛で満たされているんだよ。と。

 

aomiyalayla.hatenablog.com

 

もうすぐ山の日。

日本から、世界中から、

マウナケアに祈りが届くことでしょう。


f:id:aomiyalayla:20190806154715j:image

8月6日。祈ります。

 

昨年初めて訪れた広島。

 

毎年8月6日、

広島の方角を向き、

黙祷をしながら涙があふれ、

いつか現地にと思っていて、

ふっと機会が訪れました。

 

秋の始まりに訪れたあの場所で、 

やはり涙が止まらなくて。

思い出すと今でも視界が潤みます。

 

ただ、とても透明な、

祈りに満ちた空気も感じました。

整った街を歩くにつれ、

途方もないご苦労、

守りぬくという強い意思、

この街に生きる誇り、

そういった想いも感じました。

本当に皆さん、

がんばってきたんですね。

月並みですがしみじみ思います。

 

自分たちがいまを生ききることが、

世代を超えた癒しになる。

そういった気持ちが支えになっているのかな。

 

広島。特別な場所でした。

今日もまた、祈ります。

 


f:id:aomiyalayla:20190806123940j:image

 

 

 

 

 

アインシュタインの愛(記事紹介)

この1ヶ月で何度か目にしたのが、

アインシュタインの手紙。

娘に託されたこのメッセージは、

彼の死後20年は公開しない約束で大学に寄付されたもの。

(日英併記)

http://caseyka.jp/ainobakudan/

(英語のみ)

https://monoset.com/blogs/journal/a-letter-from-albert-einstein-to-his-daughter-on-the-universal-force-of-love

 

理論物理学者としてノーベル賞を得た、

その彼が見つめていたものは、

数式ではなく、

愛で埋め尽くされた宇宙。

そして、

その愛は、

わたしたちの中にずっとある。

ずっとあって、

その愛のバカヂカラで、

乗り越えたり、

助けたりを、

繰り返してきているはず。

この手紙をよむと、

時を超えて、

ものすごい愛がなだれ込んでくる。


f:id:aomiyalayla:20190805123531j:image