碧宮レイラのスピシェアリング

「当たるのその先」幻想に気づいて本当の自分に覚醒するカードリーディングを提供する碧宮レイラのブログ。

交差点で気づいた思い込みと他人依存の怖さ

何度か見かけたんです。

赤信号なのに発進していく前の車を。

赤信号なのに横断しはじめる歩行者を。

 

「思い込みが目の前のわかりやすいシグナルを見えなくする」

という場面そのものでした。

 

あ、あちらの信号が赤になった!

「ということは当然」

こちらの信号は青になる!

という思い込み。

脊髄反射的な思い込み。

 

じつは、いずれも三叉路以上の交差点でした。

1つが赤でも、

もう2つは、青か赤。

青とは限らない。

ただそれだけのことなんです。

自分の進路の信号は、

赤をはっきりと示している。

なのに。

思い込みがその事実をみえなくした。

 

他人の進路の信号を見ただけで、

自分の進路を何となくジャッジする。

赤!といっているのに進んじゃう。

何だかぞっとしました。

 

そして、間違って渡り始めた歩行者につられて、

ためらいなく動き出した方もちらほら。

スマホを見ていて、

信号を見ず、

周りの気配だけで動いた様子。

これも象徴的な場面でした。

最初に間違えた人が悪い?

違いますよね。

大げさかもしれませんが、

一事が万事。

自分の人生は他人に預けてはだめ。

 

数分の出来事でしたが、

思い込みと他人依存が目の前のシグナルを見えなくすること。

学ばせていただきました。


f:id:aomiyalayla:20190602162430p:plain